「社会福祉士・精神保健福祉士 国家試験激励会」

「社会福祉士・精神保健福祉士 国家試験激励会」

2019.08.30

8月8日(木)、2018年度に国家試験を合格した卒業生を招待しての「社会福祉士・精神保健福祉士 国家試験激励会」が開催されました。

激励会の前半には、国家試験合格者に対する表彰状及びお祝い金が、棚原勝也沖縄大学同窓会会長から授与されました。この表彰状及びお祝い金は、沖縄大学同窓会の皆様からこれまでに多くの福祉文化学科の卒業生に支給されてきました。2018年度は、12名の合格者にお祝い金が授与されました。授与式後に、棚原同窓会会長より、福祉の原点と必要性を思い出させる素晴らしいお話が述べられ、在校生・卒業生に激励の言葉が贈られました。

後半には、グループに分かれ、国家試験に合格した卒業生(8名参加)から、国家試験合格に向けての勉強法や心構えを細かく伝えてもらいました。参加した在校生からは、「何を勉強すればよいのか分からなかったので、先輩たちから、参考書の使い方、勉強方法について教えていただき、自分の勉強方法を振り返ることができた。」との感謝の言葉が聞かれた。この激励会のために、就職先の京都から駆けつけた卒業生もいました。沖縄大学の強みは何といっても在校生、卒業生、教員、そして同窓会の皆さまとの強いネットワークです。沖縄大学の福祉文化学科は、更にこのネットワークを堅固なものとし、個人・家族・地域の「福祉」に貢献することが期待されていると強く感じました。(福祉文化学科准教授 久貝興徳)

(棚原勝也沖縄大学同窓会会長から表彰状及びお祝い金授与)