新学部通信⑩ 『学P2019沖縄リーグ』今年は管理栄養学科1年生が挑戦中!

新学部通信⑩ 『学P2019沖縄リーグ』今年は管理栄養学科1年生が挑戦中!

2019.08.30

県内7大学がアイディアとチームワークで商品開発をして、販売数等を競いあう「学P2019沖縄リーグ」がスタートしています。これは沖縄県内のファミリーマートで販売する商品の開発から販売促進までを体験できる実戦型のインターンシップで、今回で13回目を迎えます。今年は本学からは管理栄養学科10人の学生がインターンシップに臨んでいます。

今年のテーマは「新・うちな~グルメ!!」。開講式後、どんな商品を作るか、マーケティング等も重ねてきた結果、沖縄大学チームは今年はデザート商品を開発することが決まりました。はじめはさとうきびファイバーを使用したクレープの案や、さーたーあんだぎー等試行錯誤を繰り返したようです。

開発商品名は「あっ!うむさん」です。沖縄の行事には欠かせない、レモンケーキの進化系商品です。本日(8月30日)午後からはファミリーマートにて商品説明や目標販売個数、商品への想いなどについてプレゼンテーションを行う予定になっています。学生に商品のアピールポイントを聞くと、特徴は「とにかく美味しい!味に迫った商品」、「パッケージには自分たちで制作したキャラクターのイラストが入り、きっとお客さんの心を惹きつけてくれる」と熱い想いを話してくれました。目標は「販売個数1位」を狙っています。10月8日から21日の期間に販売される沖縄大学商品、より詳しい商品情報についてはまた後日お伝えします。