國吉和子

教員紹介

その他 名誉教授

國吉和子 (KUNIYOSHI Kazuko)

所 属その他名誉教授
専 攻社会心理学、教育心理学
生年等1942年生
【研究活動】

学生時代にFestinger, L.の認知的不協和理論に魅せられて態度変容の研究を始め、認知論的立場から人々の事象認知や原因帰属の問題へと研究テーマを広げていった。沖縄大学に務めるようになってから、社会心理学的視点から沖縄研究に接近するようになった。沖縄の県民性に関する研究に着手し、県内外の大学生や一般成人を対象に、沖縄の人に対するイメージの特性と構造、県人間の距離意識、郷土意識と社会的アイデンテイテイ等をテーマとして調査を実施し、世代間比較、県内と県外数県との相互の比較分析等を行い、沖縄の地域特性を明らかにした。併行して、若者の価値観についての時系列的変化を4、5年間隔で調査し、追跡研究を行った。

【所属学会】

日本心理学会、日本社会心理学会、日本グループ・ダイナミックス学会、日本教育心理学会、アメリカ心理学会、沖縄心理学会

【学外活動】

沖縄県教育委員会委員(1995年12月1999年12月)、日本グループ・ダイナミックス学会理事及び学会誌編集委員(2003年4月~2005年3月)、沖縄心理学会理事(2003年4月~2005年3月)、等。

【主な著書・論文】
  • 社会心理学入門(共編著)福村出版 1997年
  • 沖縄における就学前児童の親の役割の実態と変化(共著)地域振興研究助成報告書 2002年
  • 生徒支援の教育心理学(共著) 北大路書房 2002年
  • 環境のモデルノロジー(共著) 北大路書房 2006年
  • 大学生の郷土意識と社会的アイデンテイテイⅠ~Ⅴ 沖縄大学地域研究所年報 1999 年~2002年
  • 携帯電話と人間関係に関する研究(共同研究)沖縄大学地域研究所「地域研究2号」 2006年
  • ルーテイン的消費行動 沖縄大学法経学部紀要 2006年
  • 大学生の学習動機に関する研究 沖縄大学法経学部紀要 2007年