新崎 盛暉

教員紹介

その他 名誉教授

新崎 盛暉 (ARASAKI Moriteru)

所 属その他名誉教授
専 攻沖縄近現代史、社会学
生年等1936年生
モットー戦略的な原則堅持と限りなく柔軟な現実対応
最終学歴 東京大学文学部社会学科
研究活動

 沖縄生まれの両親を持ち、東京で生まれたぼくの沖縄との最初の出会いは、1952年4月28日である。この日ぼくが入学した都立高校の校長は、全校の教職員・生徒を校庭に集めて、「今日日本は、めでたく独立しました。万歳を三唱しましょう」といった。この日は沖縄が米軍政下に置かれ続けることが確定した日でもあったのに・・。国民学校三年生のとき敗戦を迎えた愛国少年のぼくは、このとき初めて「日本にとって沖縄とは何か」という問いを突きつけられた。このときからぼくは、この問いを反芻し続け、沖縄問題の解決を実践的課題としてきた。その過程が、研究活動と言えば言える。ぼくの大学の卒業論文のタイトルは、『日本復帰運動の研究―沖縄問題理解のための覚書』という。ぼくの卒論は、スターリンの民族理論まで援用し、「民族とは何か」、「ナショナリズムとは何か」を論じたうえで事例研究として日本復帰運動を取上げるという体裁をとっていた。この事例研究の部分を膨らましたものが、65年に出版した岩波新書『沖縄問題二十年』(中野好夫と共著)である。

 大学卒業と同時に、ぼくは沖縄に職を求めたが、米軍政下の沖縄は、ぼくを受け入れなかった。ぼくを沖縄に招いてくれたのは、日本復帰の際、文部省から廃校処分通告を受けた沖縄大学だった。74年2月、文部省による沖縄大学再認可とともに、ぼくは、大学の教員になった。研究費の不十分な貧乏大学の教員にも研究費獲得の手段があることを教えてくれたのは、ぼくより後から赴任してきた安良城盛昭だった。安良城とぼくは、78年沖大で初めて科研費を取った。沖大の科研費申請率が、文系私大の平均を越えつつある現在を思うと昔日の観がある。

教育活動

 現在は、『沖縄大学論』の1コマを担当するぐらいで、学生との接触の機会が減っているが、現役の教員時代にもっとも重視してきたことの一つは、学生の文章力を高めること。若いころは、全受講生の答案のみならずノートの添削までしたことがあるが、試験の翌週、採点した答案を返却し、比較的成績の良い答案を教材にして、答案の書き方を指導することは最後まで続けた。成績を教務課に報告する前に学生に開示することも、一貫して続けてきたが、すでに答案を返却しコメントもしてあるので、勘違いを除けばクレームはなかった。教員の成績評価を学生に納得させることは、教育効果の上からきわめて重要で、学生による授業評価と裏表の関係にあると思う。

所属学会

日本政治学会、日本社会学会、歴史学研究会、日本平和学会

学内活動

2014年現在理事

学外活動

沖縄平和市民連絡会代表世話人

著書

『沖縄同時代史(全10巻・別巻1)』(凱風社、1993~2005年)、中高生に語りかけた『沖縄のこれから』(ポプラ社、1999年)、幾つかの大学でテキストに使われている『現代日本と沖縄』(山川出版社、2001年)、『沖縄現代史 新版』(岩波新書、2005年、08年にハングル訳が韓国で、09年には簡体字中国語訳が中国で出版)、『新崎盛暉が説く構造的沖縄差別』(高文研、2012年、13年にハングル訳『沖縄、構造的差別と抵抗の現場』が韓国で出版)など。