宮城 健蔵

教員紹介

その他 客員教授

宮城 健蔵 (MIYAGI Kenzo)

所 属その他客員教授
専 攻税法、地方財政
生年等1936年生
モットー教えるとは人に希望を語ること  学ぶとは真理を胸に刻むこと
最終学歴 九州大学法学部
学歴
  • ○1943年
    大里国民学校入学・翌44年8月疎開船
    和浦丸にて宮崎へ疎開(僚船対馬丸悪石島沖にて撃沈さる)、終戦46年帰沖
  • ○1952年
    知念高校入学 高校在学中に両親を失う。その際 恩師から「艱難汝を玉にする」とナポレオン伝を頂く
    地中海の孤島コルシカから身を起こした不世出の英雄ナポレオンの不屈の精神に感動し発奮。勉学とスポーツで 頑張る(陸上競技等選手)
  • ○1957年
    九州大学入学(国費留学) 経済、法律専攻
    時は高度成長期、新幹線開通、東京オリンピック、米国でのケネディ大統領の登場、ダイナミズムと興奮の日々。 将来への期待。自らの青春が日本青春と重なる
職歴
  • ○1965年
    大蔵省入省(保証人 早稲田大学総長 大浜信泉等)
    沖縄復帰特別借置法案作成に参画。明治、大正、昭和と沖縄における諸制度の改正はつまるところ、租税制度の 改正にありと痛感
  • ○1993年
    沖縄国税事務所長就任 沖縄の苦難の歴史に思いをいたし「百術も一誠に如かず」をモットーとする
    租税教育・広報・税環境の整備に力点
    泡盛振興 泡盛大使を創設、復帰特別措置法 酒類の減税措置の延長に尽力
  • ○1994年
    沖縄振興開発金融公庫特別参与就任
    青少年健全育成運動のシンボル「愛のシーサー」県議会東横に建立、代表幹事就任
  • ○1999年
    沖縄県行政オンブズマンに就任 御万人(うまんちゅ)相談役として活躍
    台北市オンブズマン制度導入への協力
    環境美化条例(ポイ捨て禁止条例)制定を提言。制度化される。
  • ○2000年
    沖縄大学 琉球大学 放送大学で税法 財政を担当
  • ○2003年
    沖縄大学客員教授に就任(初代)
  • ○2005年
    沖縄大学大学院開設 地方財政論担当
  • ○2006年
    琉球大学客員教授就任(初代)
座右銘

「一日生涯 生涯青春」「今日も生涯の一日なり」の気概でより魅力的な講義をと日々努力している

学外活動

沖縄協会理事、愛のシーサーの会代表幹事、沖印友好協会理事、泡盛学会理事、税理士等

著書等
  1. ①ケネディの道
    『月刊・税務事例』(1988年5月)
  2. ②復帰25年の感慨
    『沖縄国税事務所25周年記念誌』(1997年5月)
  3. ③「日曜評論」『琉球新報』(1998年1月~6月)
  4. ④「人頭税廃止 100年」『税協』(日本税務協会 2002年8月号)
  5. ⑤「オンブズマン室の窓から」『沖縄県自治研修所開設30周年特集号』(2003年3月)