ポリシー(国際コミュニケーション学科)

ディプロマ・ポリシー
Diploma Policy

  1. 英語、日本語、中国語の習得を軸に、さまざまな地域の社会、文化、歴史を幅広く理解している。
  2. 国際交流・国際協力について幅広い知識をもち、世界の諸地域の人々と交流や対話をする実践力が身についている。
  3. 世界を舞台にして働き、社会に貢献できる。
  4. さまざまな人々と喜び、悲しみ、驚き、怒りなどを共有し、支え合う力がある。

カリキュラム・ポリシー
Curriculum Policy

  1. 国際舞台で活躍するのに必要な言語力を確保するために基礎科目を置き、英語、中国語、日本語の語学能力を養成する。
  2. 学生の専門的興味や将来のキャリア形成に対応して、効果的な授業履修ができるように、コース制をとる。
  3. 学生が主体的な学習や他者との交流ができるように、1年次から4年次まで演習科目を設置する。
  4. 各コースの専門分野をより深く探求できるようなコース専門科目を設置し、専門知識を涵養する。

アドミッションポリシー
Admissions Policy

教育理念
 政治や経済のみならず文化のボーダーレス化も急速に進展しています。国際コミュニケーション学科は、沖縄大学憲章の謳う「地球大で考え足元から行動を起こす21世紀型市民である『地球市民』」の教育をめざします。そのため異文化理解とコミュニケーション能力の涵養を根幹とし、コミュニケーションの理論と技術を備え、国際交流の原理と展開、実践を幅広い視野から考察できる人材を育成します。
求める人物像
  • これまでの学びをもとに、受身ではなく自ら学ぶ意欲のある学生を求めます。
  • 文化的背景の異なる人々と交流するための基礎的なコミュニケーション能力がある学生を求めます。
  • 様々な社会や文化の問題について、知識や情報をもとにして筋道を立てて考えようとする学生を求めます。
  • 英語や中国語をはじめとする世界の言語や文化を学び、知識や経験を深めたいという学生を求めます。
  • 世界を舞台にして働いてみたいという夢をもち、その夢の実現に向けて努力する学生を求めます。
高等学校で履修すべき科目や修得しておくことが望ましい資格等
 高等学校のカリキュラムをかたよりなく学んでください。特に英語(中国語など外国語)は、本学科で学び研究する上で重要です。英語検定準2級クラスの語学力の獲得が望ましいと考えています。