研究科長あいさつ

研究科長あいさつ

 本研究科は、現代沖縄の社会、文化、政治、経済、歴史、思想その他多様な分野における知見にもとづいて、地域の持続的な発展や平和に寄与する研究を推進することを大きな理念としている。その際、アジア諸地域との関係性や比較を踏まえたり、さまざまな組織や企業体と連携し、地域社会を創造する視点などが求められる。

 本研究科は確かに規模は小さい。けれど従来の研究科長の方々も述べてきているように、それは質の良し悪しとは無関係だ。少数の院生が、多くの教員から多くのことを吸収できるし、年齢の幅の大きさは互いの経験や知見のやり取りをより豊かにするだろうと思う。また本研究科で修士論文を仕上げ、さらに他大学の博士課程に進んだ修了生もいる。たとえ社会生活はほぼ満喫し終え、心の余裕を持って何かを研究したいという年齢の方でも、それに関する会話を友人と交わしたり、文章化したりして社会に提言する、という前向きな時も待っている。研究科での探求はかならず開花すると思う。

 地域経営専攻では、沖縄の経済や産業構造の分析調、法律や自治についての諸問題の考察から政策提言、健康や保健や福祉等の実践的課題に取り組むことから課題解決の提示までが求められる。そのため、経済経営・産業分野、法律・自治分野、健康福祉・生活環境分野での事例研究や演習といった講義課目が専門的かつ総合的に組まれている。

沖縄・東アジア地域研究専攻では、東アジアの中の沖縄、という視点から諸地域の歴史、文化、社会の構造を考察、分析した上で、諸課題の解明や沖縄と東アジアの文化交流の推進モデルの構築等への一助となることも必要となる。講義課目は、沖縄地域研究、東アジア社会文化研究、事例研究の3区分を基本に体系的に編成されている。 

 本研究科関係者は、教職員全員でそのお手伝いをする。どうか何でも相談してほしい。厳しくも自由で風通しのよい大学院の時空を共有しながら日々を進みたいと思う。

研究科長 宮城公子