卒業生の声(こども文化学科)

卒業生の写真1

金城 優里菜
2013年度
こども文化学科卒業
[糸満高等学校出身]

南城市立久高小学校 勤務

〈志望理由〉

小学校の先生になるためだけを考えて4年間頑張りました。教員採用試験に合格することができたのは、沖縄大学のサポートがあったからであり、感謝の気持ちでいっぱいです。

〈大学生活について〉

多くの出会いのある4年間でした。同じ夢を持った仲間達との出会いは一生の宝物です。

〈在学中にするべきこと〉

チャレンジ精神を持ち続けること。勇気を出して行動に移すことこそが自分を大きく成長させてくれると思います。

〈将来のさらなる目標〉

初心を忘れず、学び続ける教師でいたいです。子どもたちの将来を見据えた支援・指導ができるよう、教師としての力量を高めるための努力を惜しまずに頑張ります。

卒業生の写真2

松田 有加
2013年度
こども文化学科卒業
[那覇高等学校出身]

沖縄ワタベウェディング
株式会社 勤務

〈志望理由〉

誰かのために一生懸命になれる仕事につきたい!と思ったのがきっかけです。広いフィールドで自分が成長し続けられる環境だと感じたので志望しました。

〈大学生活について〉

学業をはじめ、サークルやフィールドワークなどで出会ったたくさんの人との関わりが今の私をつくっていると思います。

〈在学中にするべきこと〉

何にでも挑戦する!自ら手をあげることでたくさんのチャンスが舞い込んできます。チャンスを逃すな!

〈将来のさらなる目標〉

語学を勉強し、世界のお客様の幸せを祝福したい!今は基礎を勉強し、お客様が本当に求めるサービスを提供したいです。

卒業生の写真3

照屋 葵
2013年度
こども文化学科卒業
[糸満高等学校出身]

糸満市立糸満小学校 勤務

〈志望理由〉

子どもの成長に携わることができる小学校の先生になることが、入学当時からの目標でした。

〈大学生活について〉

4年間はあっという間の時間でした。楽しいことだけではなく、辛いこともありましたが、仲間と刺激し合い、支え合いながら切磋琢磨して頑張ることができました。

〈在学中にするべきこと〉

目標を明確にして学習支援ボランティアに積極的に取り組んだり、教員採用試験に向けた教採対策講座を受けるなど、様々なことに挑戦し、スキルアップに励むべきだと思います。

〈将来のさらなる目標〉

どんなことにでも臨機応変に対応することが出来る教師、学び続ける教師となれるよう、頑張っていきたいです。

卒業生の写真4

親泊 愛華
2013年度
こども文化学科卒業
[那覇高等学校出身]

那覇市立高良小学校 勤務

〈志望理由〉

子どもと関わる仕事がしたかったので、この職業を選びました。

〈大学生活について〉

自分なりに多くのことに取り組みました。また、同じ夢を持つ仲間と出会い、共に努力することができました。

〈在学中にするべきこと〉

いろいろなことに挑戦し、たくさんのことを経験することで視野を広げられるようにするといいと思います。

〈将来のさらなる目標〉

日々学び続け、子どもたちのために楽しい学級、授業づくりができるようにしたいです。