学長挨拶

学長挨拶

沖縄大学は、2018年度に創立60周年を迎える沖縄で一番歴史のある私立大学です。

沖縄大学は、米軍統治下の沖縄で1958年に創設されました。当時の沖縄の高等教育機関は、米国軍政府布令によって設立された琉球大学のみであり、「本土」渡航もままならない状況で、向学の志に燃える青年たちに学問の場を提供したのです。

学園を創設したのは嘉数昇先生、戦前若い時代から県議会議員を務め、戦後は企業家として成功した人です。創設者は、沖縄大学が立地する那覇市国場の生まれで、家が農家であったため「百姓に学問はいらない」という父親のもとで、上級学校への進学の夢を叶えることができませんでした。

先生は、後に続く若き世代に自分の苦難の轍を踏ませたくないと、教育の機会均等を念願し、学園の創設に着手をいたします。1958年沖縄短期大学、その3年後には4年生の沖縄大学が設立されます。

以来沖縄大学は、多くの人材を輩出してゆきますが、1972年の施政権返還いわゆる日本復帰の際、大きな困難にぶつかりました。戦後27年米軍の統治下にあった沖縄では、独自の法制度が行われており、それを日本の制度に組み込むための調整が進められます。教育の分野で言えば、沖縄の各大学は日本の大学設置基準に達しないとされたのです。

文部省は、沖縄の私立大学の統合を勧めます。しかし沖縄大学は、沖縄大学のまま存続する道を選びました。苦しい存続闘争が始まることになります。最終的には文部省の理解を得て、あらためて大学として認可するという手続きが取られることになりますが、その過程で、多くの人々の支援があったことを忘れてはなりません。沖縄県知事は政府に対して「沖大存続要請」を行いました。広範な県民が例えば20万人署名運動を行い、また「沖大存続を求める県民総決起大会」が開催されました。集会の後は引き続きデモ行進も行われます。

一私学の存続に多くの人々が関心を寄せ支援をしたのはなぜでしょうか。当時沖縄大学の18名の教員が、新聞紙上で「沖縄大学存続の趣旨」と題する広告を出しています。それはこう述べています。「種々の形で本土への系列化並びに再編成が強引に行われている。一切が強大な力に組み込まれている中で、せめて私立大学だけでも踏みとどまるところがなくてはならない」。私たちの先輩は困難を覚悟し、それを乗り越え自主独立の道を選ぶ決意をしたのです。それに県民は共感し、やがて沖縄大学支援の輪は「本土」にも広がっていきます。

沖縄大学は、嘉数昇先生によって生み出され、県民の支援を得て生き延びました。全国に私立大学は600以上ありますが、一私学のために住民が集会をし、デモをしてくれた大学は沖縄大学だけでしょう。私たちはそれに感謝して、心に刻みたいと思います。

沖縄大学の理念は「地域共創、未来共創の大学へ」です。共創は、競い合う競争ではなく、共につくる共創です。沖縄大学は、社会と共にある大学です。多くの人々が沖縄大学の存続に心を寄せ、手を貸してくれました。沖縄大学もまた地域に心をよせその未来をつくります。地域共創未来共創の大学へと歩みます。

沖縄大学は博士を養成する大学ではありません。しかし、教師と学生が共に学び、他者を理解し、未来を共に語る地域の中核的人材を育てます。また地域が必要とする社会貢献活動で評価される大学になりました。沖縄大学は地域の宝であります。県都那覇にある大学として、自由な学風、『学生が第一』『教育が大事』というこの沖縄大学に自信と誇りを持ち、学生、ご父母の皆様、地域の皆様、そして教職員が共に力を合わせて『一燈照隅 万燈照国』の大学を創ることを念願しております。

沖縄大学学長 仲地 博

学長の写真

プロフィール

所属 法経学部法経学科
専攻 憲法・行政法
最終学歴 明治大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学

研究活動

若いころはドイツ公法学の研究を志し、「シンドラー・憲法と社会構造」(有信堂刊)の翻訳をしたこともあるが、最近は沖縄に軸足を置いて地方自治を研究している。

私は、1945年終戦の年の生まれである。戦争の爪跡はここかしかに残っていた。甲子園の土の逸話で知られる首里高校を出たが、その首里高校は琉球政府立であった。国費学生として北海道で大学生活を送った。沖縄から船と汽車を乗り継ぎ丸3日がかりで到着した札幌、気温は20度違い、もちろん雪を見るのは初めてであった。日本の広さ、豊かさ(経済的意味ではない)、多様さを実感した。復帰運動が燃え盛っているころで、沖縄出身の青年ならば、誰でも故郷の現状に心を痛め、何ができるか何をしなければならないかを日々反芻していた。その後東京で5カ年間の大学院生活を送った。沖縄の自治と平和に公法学はどう貢献できるかが課題であった。若い日の問題意識を今も持ち続けている。

教育活動

琉球大学に35年勤務した。短大部を出発点にし、その後教養部、学部、研究科(大学院)、法務研究科(専門職大学院)と異動し、結果としてすべての大学教育の形態を経験した。その後沖縄大学に転じて5年、沖縄大学の教育熱心さに感服している。地域共創・未来共創の理念に共感し、地域をしっかり支える中軸となる人材の育成に取組みたい。具体的には、公務員試験や行政書士試験を受験する学生を支援したい。

所属学会

日本公法学会、全国憲法研究会、財政法学会、自治体学会 など

学外活動

専門が行政法という分野のため、県や市町村の諮問委員をさせていただくことがあるが、2013年12月現在で在職中のものは、沖縄県個人情報保護審査会(会長)、沖縄県法定外目的税導入に関する専門家委員会(委員長)、環境の杜ふれあい運営審議会(会長)、簡易裁判所判事推薦委員会(委員)

著作・論文

  • ○三好充・仲地博編『テキストブック行政法』法律文化社・平成13 年
  • ○仲地博・水島朝穂(編)『オキナワと憲法』法律文化社・1998 年
  • ○吉田善明・仲地博(編)『憲法政治』敬文堂・平成8 年
  • ○安世舟・仲地博・渡辺中(共訳)『憲法と社会構造』有信堂・平成16 年
  • ○石原昌家・仲地博・ラグダス・ラミス(編)『オキナワを平和学する』法律文化社・平成16 年