沖縄大学の理念と建学の精神

沖縄大学の理念と建学の精神

沖縄大学憲章~地域共創・未来共創の大学へ~

沖縄大学は、創立50周年を機に、「地域共創・未来共創の大学へ」を新たな建学の理念として確認し、以下の3つの目標を立て、実行することを宣言します。

1. 地球市民・地域市民の共育の拠点

(1)地球市民のための知の集積の拠点:

沖縄大学の建学の理念である「地域に根ざし、地域に学び、地域と共に生きる、開かれた大学」を大学存立の使命とし て深く自覚し、21世紀型社会である「グローカル社会」の要請に応える形でこの理念を「地域共創・未来共創の大学へ」と発展させ、地球大で考え足元から 行動を起こす21世紀型市民である「地球市民」の共育をめざします。

(2)地域市民のための地域教育の拠点:

沖縄大学は、地域に根ざす大学として沖縄にしっかりと根をおろし、教育と研究の相乗効果で沖縄の活性化に尽力し、そのことを通じて学生を共育し大学の活性化を図ります。また、県都那覇市にある大学として、「人々が相互に交流し、実践し、生涯学び続ける地域教育の拠点」となることをめざします。

2. 地球環境・地域環境に貢献する教育研究

(1)地球環境に取り組む実践教育:

21世紀は、環境危機が深刻化する世紀です。地球温暖化が進行すれば、沖縄の未来も、世界の未来もありません。沖縄大学 は、「エコキャンパスからエコシティへ」というスローガンを掲げる大学として、まず足元のキャンパスから始め、沖縄から世界に向けて地球温暖化防止の実践教育を展開します。

(2)地域環境に取り組む研究提言:

戦争は最大の人権・環境破壊です。世界で年間150兆円も注ぎ込まれるといわれる軍事費は、貧困や地球環境問題などの地球規模の課題を解決するためにこそ使われるべきです。そのために沖縄大学は、自立した平和な沖縄を実現すべく、沖縄を軍事基地のない島とする多様な研究提言や実践に取り組みます。

3.共創力を育む大学教育への変革

(1)ユニバーサルな大学づくり:

現代の大学には障がいのある学生を含め多様な学生が入ってきます。沖縄大学は学生の力に依拠しつつ大学の責任を果たし、 多様な学生の学びと育ちを支援するユニバーサルな大学づくりをめざします。

(2)人間力としての共創力の涵養:

沖縄大学が育成をめざす21世紀型市民とは、「他者との対話と協働を通じてより良い社会を創っていく力のある人間」、「日々変動する社会の中で生涯学び続ける意志を持ち自らの人生を切り拓くことのできる人間」です。こうした21世紀型市民として学生を育成するために、沖縄大学の教育課程の編成にあたっては、「何を教えるか」ではなく「何ができるようにするか」を重視します。アジアの人々との共生の基盤となる異文化への関心 と理解力を高めます。「競争力から共創力へ」、このスローガンのもと沖縄大学は、学生たちが互いに助け合い、教えあい、育ちあう環境を整備し、対話力・共創力・実践力のある人間の育成に努めます。

(3)学生主体の学びの場の共創:

人は、教えられることによって育つよりも、むしろ試行錯誤を含めた実践を通じて自ら学ぶことにより育つものです。従って 大学づくりにおいては、学生を大学の主人公にすえ、学生の可能性を最大限に引き出し、学生の主体的な参加を得て更に活力のある沖縄大学へと自己変革していきます。学生も教職員も、大学づくり、地域づくりの実践の中で育ち、育てられ、そのことを通じて沖縄大学は、今まで以上の高い評価を地域社会から勝ち得ていきます。

沖縄大学は、以上の3つの目標の実現に日々努め、地域共創・未来共創の大学に向け邁進します。

そのことを通じて沖縄大学は、更なる発展をめざします。

2012年10月29日

沖縄大学の3つのポリシー

◆ディプロマポリシー(学位授与の方針)

沖縄大学(以下では「本学」という)は、「地域共創・未来共創の大学へ」を建学の基本理念とし、地域社会における問題を主体的に発見し、その解決策を編み出し、地域社会の未来に貢献することのできる人材を育成することを目的としています。その実現のために、本学の各教育課程を修め、124単位の単位取得と必修等の条件を充たしたうえで、以下のような能力・資質を涵養し、それらを総合的に活用できる学生に学位を授与するものとします。

  1. (1)幅広い教養と複眼的・総合的思考力
    人間・社会および沖縄地域などについて理解を深め、幅広い教養を修得し、複眼的・総合的な思考をすることができます。
  2. (2)主体的な学習力と他者との協働力
    主体的に学び続けることができ、生涯にわたってキャリア形成をしていくことができます。また、多様性について理解を深め、他者の立場に立って考えることができ、他者と協働することができます。
  3. (3)地域共創力
    自然・環境および平和に高い関心を持ち、他者との対話と協働を通じてより良い社会を創っていく力(共創力)を身につけ、地域社会のキーパーソンとなることができます。
  4. (4)専門的知識・技能の活用力
    自ら学ぶ教育課程の基礎となる専門分野についての体系的知識・技能を修め、社会での実践的な問題解決のために活用することができます。

◆カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学は、「卒業の認定に関する方針」に掲げる人材の育成を実現するために、以下に示す方針に基づいて共通科目および専門科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を組み合わせた授業を開講します。履修モデルまたは履修系統図を提供し、カリキュラムの構造をわかりやすく明示するものとします。
教育内容・方法、教育評価について以下のように定めます。

  1. 1教育内容・方法
    (1)幅広い教養と複眼的・総合的思考力
    4年間を通した学修の基礎となる知識、語学力、コミュニケーション能力をしっかりと養成するために、沖縄関係科目を含む幅広い共通科目を設置します。
    また、複眼的・総合的思考力を養成するために、他学科科目を一定の範囲で履修できるものとし、副専攻制度を導入します。
  2. (2)主体的な学習力と他者との協働力
    主体的な学習力を涵養するために、全学年・学期に少人数の演習科目を配置し、アクティブラーニングを採り入れた教育方法を用います。
    また、人々の多様な在り方について学ぶ科目を設置します。
    さらに、現場で主体的に他者と交流し協働する機会を設けるため、キャリア形成科目およびインターンシップ等の実習科目を設置します。
  3. (3)地域共創力
    地域を舞台により良い社会を創る担い手となるべく、自然・環境および平和等について学ぶ科目を設置します。また、他者との協働を通し地域の課題を解決する方法を学びます。
  4. (4)専門的知識・技能の活用力
    専門科目においては、専門分野の体系性に基づき、必修科目と専攻や履修コースに基づく学年・学期別の科目配置を行います。
  5. 2教育評価
    (1)2年次終了時には、それまでの必修科目を含め60単位以上の単位を修得し、卒業論文又は卒業研究に取り組むための基礎レベルの学びが修得できているかを、2年次必修の基礎演習の中で測定するものとします。
  6. (2)卒業年次には、学生に対し、卒業論文又は4年次必修の専門演習で行われる卒業研究を求めます。卒業論文又は卒業研究は、卒論発表会又はゼミナール大会等の公開の場で発表するよう努めなければなりません。卒業論文又は卒業研究を総合的に評価することによって、4年間の学修成果を測定するものとします。

◆アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

  1. 沖縄大学の教育理念
    沖縄大学は、建学の理念である「地域に根ざし、地域に学び、地域と共に生きる、開かれた大学」を大学存立の使命として深く自覚し、21 世紀型社会である「グローカル社会」の要請に応える形でこの理念を「地域共創・末来共創の大学へ」と発展させ、地球大で考え足元から行動を起こす 21 世紀型市民である「地球市民」の共育をめざします。
    沖縄大学が育成をめざす 21 世紀型市民とは、「他者との対話と協働を通じてより良い社会を創っていく力のある人間」、「日々変動する社会の中で生涯学び続ける意志を持ち自らの人生を切り拓くことのできる人間」です。
  2. 求める人物像
    沖縄大学は、上記のような教育理念に賛同し、本学で学修する強い意欲を有するとともに、次のような資質を備えた人を広く国内外から受け入れます。
    ①高等学校の教育課程を幅広く修得している。
    ②高等学校までの履修内容のうち、「国語総合(現代文)」や「英語」を通じて、基礎的なコミュニケーション能力を身についている。
    ③様々な社会間題について、知識や情報をもとにして筋道を立てて考え、その内容を説明することができる。
    ④学部・学科で学んだ知識や経験を社会で活かしたいという目的意識があリ、自分自身の将来の夢を具体的に説明することができる。
    ⑤入学前教育として求められる、必要な基礎的な知識を身につけるための課題に最後まで取リ組むことができる。
  3. 入学者選抜の基本方針
    沖縄大学は、各学科の求める人物像に沿って多様な入試方法により、学力の三要素(イ)知識・技能、(ロ)思考カ・判断カ・表現力等の能力、(ハ)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度、を多面的に評価します。
    入試種別と選抜方法(学力の三要素のどの要素を評価するか)は次の通りです。
    (◎、○、△は重要度の順序を示します)。

    °AO 入試では、調査書、作文試験、講義、面接、プレゼンテーション、新体カテストにおいて学力の三要素を多面的・総合的に評価し、選抜します。
    °推薦入試では、調査書、面接、小論文、作文、新体カテストにおいて学力の三要素を多面的・総合的に評価し、選抜します。
    °一般入試では、科目試験、面接、作文、新体カテストにおいて学力の三要素を多面的・総合的に評価し、選抜します。
    °センター利用入試では、科目試験、調査書において学力の三要素を多面的・総合的に評価し、選抜します。